青森県八戸市の測量会社・アトラス測量
測量業者登録 第(1)-29176号
測量設計・測量業務のアトラス測量
青森県八戸市根城五丁目12番26号(裁判所前)
アトラス測量TEL:0178-44-0333
アトラス測量 業務案内 アトラス測量 実績集 アトラス測量 よくある質問 アトラス測量 会社案内
おもちゃ博物館 ブリキのおもちゃからレトロホビーまで
アトラス測量TOP
アトラス測量 業務案内
アトラス測量 実績集
アトラス測量 よくある質問
アトラス測量 会社案内
アトラス測量 リンク
社長のブログ
趣味のおもちゃ博物館
地域情報紹介
野球日誌
青森県八戸市 アトラス測量
有限会社 アトラス測量
〒039-1166
青森県八戸市根城五丁目
12番26号(裁判所前)
TEL:0178-44-0333
FAX:0178-44-0659
E-Mail:
趣味のおもちゃ博物館
全てのグループ -> おもちゃ展
バックナンバー懐かしの昭和のおもちゃ展〜吉田産業住まいのショールーム

平成21年2月7日(土)と2月8日(日)の2日間、吉田産業住まいのショールームさんの主催で、昭和のおもちゃ展を開催した。主催の吉田産業さんの早狩店長とJC活動する仲間ということもあり、ご協力させていただいた。とにかく素晴らしい施設で、驚いています。外側から眺めたことはあるのですが、ショールームに入ってびっくりです。施設の中に家が建っていたり、大型スクリーンがあったりと東北でも最大の施設が八戸にあったんですね。展示会ですが、二日間で560人の人出があり、大盛況でした。設えは、あえてガラスケースに入れないで、三段飾り棚に置いて鑑賞していただきました。お客さまと、おもちゃの距離感を短くし、身近に感じていただく展示に拘ったのです。お陰様で、お客様の反応がすこぶる良く、感動が私たちにも伝わってきました。鑑定会には、十和田市からも駆けつけてくれて、おおいに盛り上がりました。最終日に、レア物のソフトビニール人形3体に、18万円の値段をつけたら、会場がどっと湧きました。正直こんな値段がつくとは思っていなかったのでしょう。しかし、八戸市には凄いマニアがたくさんいますね。色々な方とお知り合いになれることが展示会の醍醐味なんです。展示品で遊びたがっている子供がいたので、触らせて遊ばせてあげました。一人の子供は乗り物のオモチャが好きならしく、ブリキのダンプ自動車を前後に動かしてしばらく楽しんでいました。一緒にいたお母さんは、気を張り詰めて心配そうに眺めていました。ブリキのピストル遊び、ブルースリーのパンチング人形、ウルトラハンドに高じるこどもたちもいました。初めて触るオモチャに興奮気味でとても嬉しそうでした。見ている大人たちもわくわくします。オモチャとは本来こどもたちが遊ぶ為に作られた物です。いつから高価な美術品になったのでしょう?これからも子供たちに、オモチャの素晴らしさを伝える活動を展開し、今までにない安田コレクションの世界を楽しんでいただきたいと思います。しかし、良く考えると世界でもこのような展示をしているイベントはありません。有名コレクターのほとんどは傷むので貸し出ししないし、するとしてもガラスケースにきちんと入れて施錠し、照明も紫外線カットの特別な物を用意させます。さらに、かなり高額な貸し出し料に加え、設えだけで数十万円もかかってしまいます。これではオモチャ展示会の開催となると一大イベントとして高額な入場料をとらないと収支があわなくなります。安田コレクションの考えは、経年の傷みも味わいであると位置づけています。確かに価値は落ちると思いますが、投機目的ではないので全く気になりません。鑑定番組により、値段だけがクローズアップされ一人歩きしている現実。そもそもオモチャがあんな値段で取引されること事態がナンセンスな話であると思います。マニマから怒られそうですが、オモチャの原点に立ち返り、気軽に楽しんでもらえる企画をこれからも続けていこうと思います。